ほうきやモップ、清掃用品のことなら株式会社 高砂。当社のたわしの製造工程を教えます

株式会社 高砂の清掃用品について
HOME > 株式会社 高砂の清掃用品について > 清掃用品ができるまで

清掃用品ができるまで

株式会社 高砂では徹底した品質管理のもと、海外提携工場での効率的な生産体制を確立しています。さまざまな取扱い製品の中から、今回はたわしが完成するまでの工程をご紹介します。

たわしの製造工程

  1. たわしの製造工程採集されたヤシの実の中味を取り、殻を3〜4つに割ります。殻は4〜6週間、水につけます。
  2. たわしの製造工程掻解機にかけて、繊維と外皮を分離させます。分離させた繊維を水洗いすると剛毛となります。
  3. たわしの製造工程半分に折った針金にパームを均等にはさみ、棒状に巻き込んでいきます。
  4. たわしの製造工程棒状のたわしを刈り込み機にかけ、毛足を均一にそろえます。
  5. たわしの製造工程毛足を整えた棒状のたわしを折り曲げ、見慣れたカタチに成形します。最後に縄をかければ完成です。

ヤシについての豆知識

原材料であるヤシの種類は、世界に2000種近くあるといわれ、主として熱帯地方に分布しています。熱帯で裁植されるヤシの中で、最も有用なものはココナッツヤシです。
ココナッツヤシはスリランカの海辺に多く繁茂し、1本の幹からは年間で約100個ほどの実がとれます。

ヤシについての豆知識

ヤシは、熱帯地方において利用価値の高い、重要な植物とされています。実際にさまざまな用途に使われており、実は宗教的儀礼の添え物や石けん、油、酒、ココナッツミルクなどに。繊維は、縄やマット、クッション、たわしに。殻は炭化されて活性炭として幅広く利用されています。


ページの先頭へ

株式会社高砂