ほうきやモップ、清掃用品のことなら株式会社 高砂。商標『高砂』の由来

商標『高砂』について
HOME > 商標『高砂』の由来

商標『高砂』の由来

商標『高砂』の由来私たち株式会社 高砂の商標は、大正初年に高砂の伝承に基づきデザインされました。

高砂とは、高砂尉姥(たかさごじょううば)の伝説に題をとった世阿弥の歌謡『高砂』に由来しています。 高砂の話には国と民の繁栄を主題とし、天下太平を祝福する気持ちが込められていることから、長寿や夫婦円満などの象徴として古くから“縁起のよいもの”とされてきました。

一方、ほうきは、当時の日本において"家庭にはなくてはならないもの"という認識が強く、そのことから「高砂という名称・マークが最もほうきにふさわしい」という結論に達し、商標として採択されました。

以来、多くの人から親しまれ、愛用されつづけてきた“高砂のほうき”。戦前は海外にも輸出されており、戦時中こそ一時生産中止されたものの、戦後再び生産量は増加。その生産量は全国第1位となるほどまでに成長してきました。

清掃用品の製造、販売を通じて、国の繁栄と人々の慈愛と健康長寿に貢献していく…。これが、私たちが『高砂』に込めた純粋な想いです。

大正昭和初期昭和中期昭和後期

ページの先頭へ

株式会社高砂